水・牛乳・炭酸水

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>便秘に勝つ!>朝一に水・牛乳・炭酸水
朝一に水・牛乳・炭酸水

起きたばかりで、体も頭もまだまだ半分眠ったような状態のときがありますよね。
そのときに、水か牛乳か炭酸水を飲むと、眠っていた胃腸が目覚め、動きが活発になります。
朝の水分の働きは二つあります。

水分補給で便を軟らかくする

胃・大腸反射を起こす
排便を起こすしくみのひとつに、「胃・大腸反射」というものがあります。
私たちが食事をして胃に食べ物が入ると、胃から大腸に信号が送られます。すると、大腸がこれから食べ物が送られてくることを察知して、反射的に収縮し、便を押し出そうと運動します。
この「胃・大腸反射」は胃がからっぽだったときに、もっとも強く反応します。なので、朝食の時が一番効果的なんです。

普通のお水でも、この二つの働きをしてくれるのですが、長年便秘に悩んでいた人はなかなかすぐには効果が現れにくいものです。
そこで、普通の水ではなく、牛乳か炭酸水を飲むのもオススメ。
牛乳を飲んでおなかを下す人がいますが、これは、牛乳に下剤と同じような効果があるからです。(詳しくは次のページ「便秘と牛乳」へ)
また、炭酸水に含まれる炭酸ガスは、胃を刺激し大腸の運動を促します。
ただし、炭酸水と言ってもコーラやサイダーのようなものは糖分が多すぎるのでダメ!
味の付いていない、カロリーゼロの炭酸水を飲むようにしましょう。


次のページへ「便秘と牛乳

ページの上に戻る
トップページに戻る
便秘に勝つ!
水分の工夫
朝一に水・牛乳・炭酸水
便秘と牛乳
便秘とハーブティー
便秘と薬草茶
タイプ別、食事の工夫
食物繊維をとりましょう
食物繊維の効果
食物繊維の種類
食物繊維が多い食品
お米のススメ
便秘に雑穀米
お芋のススメ
お豆のススメ
海藻類のススメ
お野菜は温野菜で
くだもののススメ
ドライフルーツのススメ
善玉菌を増やしましょう
善玉菌と悪玉菌
アナタの腸は元気ですか?
善玉菌を増やすには
乳酸菌の好物を食べよう


サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>便秘に勝つ!>朝一に水・牛乳・炭酸水
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.