食事の工夫

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>便秘に勝つ!>タイプ別、食事の工夫
タイプ別、食事の工夫
便秘と食事はとっても密接な関係にあります。
食べたものが便を作り、食べたものが体をめぐる中で様々な器官に影響を与えるからです。
ですから、便秘解消のためには、1にも2にも「食事」が大切です。

どんな便秘にも必要なことは、水分と食物繊維を摂ること。
ですが、便秘のタイプによっては、それぞれに気をつけるべきポイントがあります。
ここでは、主な3タイプの便秘について、抑えるべきポイントを説明します。

弛緩性便秘
腸のぜん動運動が弱まっているために便秘が起きているタイプ。
なので、腸に渇を入れ、きちんと活発に動いてもらうような食事をしましょう。

●刺激を与える→朝一でお水か牛乳、炭酸水を飲む
●便の量をふやす→食物繊維をとる(水溶性・不溶性食物繊維、両方OK)
●腸に本来のリズムを思い出させる→1日3回、規則正しく食事を取る

腸性便秘
腸から脳への指令がうまく伝わっていないために便秘が起きているタイプ。

●便の量を増やす→食物繊維をとる(水溶性・不溶性食物繊維、両方OK)

けいれん性便秘
腸が過敏になっているタイプ。
あまり刺激や負担をかけないようにしましょう。

●腸の負担を抑える→刺激物と不溶性食物繊維は控える
刺激物とは…コーヒー・辛いもの・ビールなど
●腸の動きを整える→1日3回、規則正しく食事を取る


前のページへ「便秘と薬草茶
次のページへ「食物繊維をとりましょう

ページの上に戻る
トップページに戻る
便秘に勝つ!
水分の工夫
朝一に水・牛乳・炭酸水
便秘と牛乳
便秘とハーブティー
便秘と薬草茶
タイプ別、食事の工夫
食物繊維をとりましょう
食物繊維の効果
食物繊維の種類
食物繊維が多い食品
お米のススメ
便秘に雑穀米
お芋のススメ
お豆のススメ
海藻類のススメ
お野菜は温野菜で
くだもののススメ
ドライフルーツのススメ
善玉菌を増やしましょう
善玉菌と悪玉菌
アナタの腸は元気ですか?
善玉菌を増やすには
乳酸菌の好物を食べよう


サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>便秘に勝つ!>タイプ別、食事の工夫
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.