善玉菌と悪玉菌

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>便秘に勝つ!>善玉菌と悪玉菌
善玉菌と悪玉菌
腸の中には、たくさんの菌が住んでいます。
腸内細菌は、300種類、その数100兆個、重さにするとなんと1キロにもなるそうです!

ちょっとびっくりじゃないですか?
私の腸の中に、100兆もの生きた菌が住んでいて、全部集めて体重計に乗せたら1キロにもなるなんて…。

この腸内細菌達は、私たちの体の健康と、と〜〜〜っても密接に関わっています。

腸内細菌を大きく分けると、3つに分けられます。
善玉菌と悪玉菌、そして、どっちつかずの菌の3つです。
善玉菌と悪玉菌は、よく耳にすることがあると思います。
善玉・悪玉のどちらでもない菌は、そのときそのときの腸内の状況に応じて、勢いのある方に味方する性質を持っています。

善玉菌にもいろいろな種類がありますが、その代表格は「乳酸菌」です。
ビフィズス菌というのもよく聞くと思いますが、ビフィズス菌は乳酸菌の一種です。

乳酸菌の働き
・小腸での栄養分の消化吸収・大腸での水分吸収
・ビタミンを作り出す
・腸のぜん動運動を活発にし、排便を促す
・体に有毒な菌の増殖を抑えたり、殺菌したりする
・腸内の腐敗を抑えたり、発ガン物質を分解する
一方、悪玉菌は下痢や便秘を引き起こしたり、腸内を腐敗させたりします。
悪玉菌の代表格は、大腸菌、ウェルシュ菌などす。
腸内で有害物質を作り出して、腸内を腐敗させるなどするため、私たちの体に一切必要のない菌のように思えますが、実は悪玉菌の中にも摂取した食物を腐敗させたり分解させたりする役立つ働きをしている菌もあります。
つまり、悪玉菌も善玉菌も、どちらも私たちの体には必要なのです。
要は、バランスが取れているかどうか、が大切なのですね。


次のページへ「アナタの腸は元気ですか?
前のページへ「ドライフルーツのススメ

ページの上に戻る
トップページに戻る
便秘に勝つ!
水分の工夫
朝一に水・牛乳・炭酸水
便秘と牛乳
便秘とハーブティー
便秘と薬草茶
タイプ別、食事の工夫
食物繊維をとりましょう
食物繊維の効果
食物繊維の種類
食物繊維が多い食品
お米のススメ
便秘に雑穀米
お芋のススメ
お豆のススメ
海藻類のススメ
お野菜は温野菜で
くだもののススメ
ドライフルーツのススメ
善玉菌を増やしましょう
善玉菌と悪玉菌
アナタの腸は元気ですか?
善玉菌を増やすには
乳酸菌の好物を食べよう


サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>便秘に勝つ!>善玉菌と悪玉菌
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.