バスタイム

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>むくみに勝つ!>効果抜群!バスタイム
効果抜群!バスタイム
1日の汚れを落とし疲れを癒すには、入浴は最適な方法です。
中にはシャワーだけで済ませてしまう人も多いと思いますが、入浴は汚れを落とすだけでなく大きなメリットが。

.温熱効果
温かいお湯に浸かることによって、そのお湯の温度によって交感神経や副交感神経が働いて体に良い効果をもたらします。
ぬるいお湯にゆっくりつかると、副交感神経が刺激されます。
副交感神経が働くことで、ゆったりとリラックスでき、脈拍も緩やかになって、眠りにつきやすい状態になります。
逆に、熱めのお湯につかると、交感神経が刺激されます。
交感神経が働くことで、興奮を促す脳内ホルモンが分泌され、新陳代謝が促進されます。
また、疲労物質の乳酸を減らして、疲れを取る効果もあります。
.水圧効果
お湯に浸かると、水圧が体にかかりますので、内臓や血管が圧迫されます。
湯船から上がった時に体が水圧の影響を受けなくなるので、手足の先まで血液が行きわたり、血行が良くなります。
また、適度にマッサージ効果もあり、疲労やむくみの解消になります。
.浮力効果
お湯に浸かることで、浮力がかかり、体重はいつもの10分の1に。
この浮力によって、普段の生活で負担がかかっている関節や筋肉が重圧から解放されることで、リラックス効果をもたらします。
私のオススメ入浴法は、39度〜40度くらいの少しぬるめのお湯にゆっくり長くつかること。
暑いお湯の方が体が温まりそうなのですが、暑いお湯だとかえって湯冷めしてしまうことが多いのです。
なぜなら、暑いお湯だと入浴時間が短くなりますので、実は体の表面しか温まっていないことがあり、お風呂から出た後はあっという間に体の熱が奪われてしまいます。
また、熱いお湯は、血圧上昇など、心肺への負担が大きいのです。
熱いお湯に長時間入浴することは避けたほうが良いと思います。


前のページへ「むくみに青竹踏みがオススメ

ページの上に戻る
トップページに戻る
むくみに勝つ!
水分を上手にとろう
水分は適量を
温かい飲み物を
お白湯がオススメ
塩分を控えましょう
むくみに青竹踏みがオススメ
効果抜群!バスタイム


サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>むくみに勝つ!>効果抜群!バスタイム
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.