摂食障害

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>私の下剤乱用体験談>摂食障害からの回復
摂食障害からの回復

私は拒食症と過食症を繰り返し、計10年に渡って摂食障害でした。
病院の通院、3度の入院も経験し、周囲の人の支えや様々な人生の出会いもあり、ようやく摂食障害から回復してきました。
今でも摂食障害で2週間に1度の通院をしています。
時々過食してしまうこともありますし、精神的に不安定なこともあります。
摂食障害の症状は多少あるものの、それでも、普通に社会生活を送り、友達もいて、打ち込める趣味もあって、充実した毎日を過ごせています。

しかし、摂食障害から回復して普通の生活をしようとして初めて、自分がひどい便秘でむくみもひどく、すでに下剤からは離れられなくなっていることに気づきました。
長年の摂食障害に伴う下剤乱用で、完全に腸をはじめとする体が、本来の機能を忘れてしまい、下剤に頼ることに慣れきっているようでした。

もちろん、普段の生活では、下剤の量はそんなに大量に服用することはありません。
ですが、普通の排便がほしいときでも、10錠近く飲まなくてはお通じを起こすことができない状態になっていました。

1週間に1回、週末に下剤を飲み、1週間分の便を出す…というスタイルをとるようになりました。
ですが、いつもおなかは張っていて、すっきりとした感じがありません。
便が溜まってくると、ぽっこり目に見えておなかが出てきます。
腸の状態が悪いせいで、いつも肌は荒れ放題。
にきびが常にできていて、鏡を見るのも、洗顔で顔に触れるのも嫌なほどでした。

便秘に加えて、私は日々の生活で、ひどいむくみにも悩まされました。
私の仕事はデスクワーク。
会社では、仕事用の楽な靴に履き替えて仕事するのですが、帰るときになってプライベート用の靴に履き替えようとすると、サイズはぴったりのはずなのにきつくてきつくて仕方ない!
パンプスから、もこっとはみ出る足の甲…。
足首がなくなるほどむくんだ脚…。
まるでおばあちゃん達の脚みたいでした。
毎日毎日、夕方の自分の足を見るのは、本当に不快で憂鬱でした。

それに、時々ある会社の飲み会や、ちょっと食べ過ぎた日の翌日は、朝から顔がパンパンにむくみ、それが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

むくみは便秘と同じくらい、いえ、それ以上に本当の本当に不快でした。



前のページへ「下剤中止とひどいむくみ
次のページへ「下剤乱用克服の決意

ページの上に戻る
トップページに戻る
私の下剤乱用体験談

ダイエットから拒食症に・1
ダイエットから拒食症に・2
拒食症と体の衰弱
拒食症と腸の機能低下
過食症へ
下剤乱用の始まり
過食衝動・1
過食衝動・2
下剤乱用・1
下剤乱用・2
下剤乱用・3
下剤中止とひどいむくみ
摂食障害からの回復
下剤乱用克服の決意
下剤乱用克服の現状
みなさんへ

サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>私の下剤乱用体験談>摂食障害からの回復
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.