ダイエット・拒食症・2
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>私の下剤乱用体験談>ダイエットから拒食症に・2
ダイエットから拒食症に・2

朝ごはんは母に「カロリーが低くて栄養のバランスがとれた食事を作って」とお願いし、それを食べました。
この頃は、自分の中では食べてもいいものと食べてはいけないものがはっきりありました。
海草や野菜、きのこ、こんにゃくは安心して食べることができました。
豚肉や揚げ物などは食べてはいけないもので、炭水化物も少量しか取ってはいけないと自分の中で決まっていました。
もし母の作るものに少しでも自分の中で食べてはいけないと感じるものが含まれていたりしたら、機嫌が悪くなり、すごい勢いで怒鳴ったりしました。

時には、自分で朝ごはんを作ったりしました。
料理の本を見て、早朝からすごく凝ったものを作っては、自分では食べずに家族に食べさせていました。
私は、家族が自分の作ったご飯を食べる姿を見るだけで満足していました。

お昼はいつもお弁当でしたが、お弁当のサイズをかなり小さくして母に作ってもらいました。
周りの友達は「そんなに少ない量でお腹いっぱいになる!?」と驚いていました。
間食は全くしませんでした。

運動もすごく頑張りました。
痩せた身体で運動するのが楽しくなってきたのです。
自転車通学だったのを、1時間以上かけて歩いて行くようにしました。


その頃は、全く自覚していませんでしたが、後になってこの時期はダイエットをきっかけにして、拒食症になってしまっていたんだと気づきました。



前のページへ「ダイエットから拒食症に・1
次のページへ「拒食症と体の衰弱

ページの上に戻る
トップページに戻る
私の下剤乱用体験談

ダイエットから拒食症に・1
ダイエットから拒食症に・2
拒食症と体の衰弱
拒食症と腸の機能低下
過食症へ
下剤乱用の始まり
過食衝動・1
過食衝動・2
下剤乱用・1
下剤乱用・2
下剤乱用・3
下剤中止とひどいむくみ
摂食障害からの回復
下剤乱用克服の決意
下剤乱用克服の現状
みなさんへ

サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>私の下剤乱用体験談>ダイエットから拒食症に
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.