薬が原因のむくみ

下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道 下剤よりも自然に近い形でお通じサポートしてくれるものに、
徐々に変えませんか?
便秘にいいお茶やドリンク 便秘にいいサプリメント
トップページ>むくみの知識>薬が原因のむくみ
薬が原因のむくみ
長期間服用していると、副作用としてむくみを引き起こす薬があります。
薬を分解・排出したりする役割は、主に腎臓・肝臓が担っていますが、腎臓・肝臓が健康な人はまずむくみをひきおこすことはありません。
ですが、これらの臓器が弱っている場合は薬の副作用のむくみが現れる場合があります。

むくみを引き起こす可能性のある薬をいくつか紹介します。
●ホルモン剤
大量に服用したとき、点滴で用いたときにむくみを引き起こすことがある。
●抗うつ薬やてんかんの薬
利尿を妨げるホルモンの分泌を促す成分が入っているものがあり、それがむくみを引き起こすことがる。
●甘草を含む漢方薬
甘草には、むくみを引き起こすホルモンと似た物質が含まれている。
●抗がん剤
腎臓の働きを低下させるため、むくみが起きることがある。
●降圧剤
●非ステロイド系抗炎症薬
●胃腸薬
●モルヒネ




● 前のページへ「病気が原因のむくみ」 
ページの上に戻る
トップページに戻る
むくみの知識
むくみとは
むくみとリンパ管
むくみのサイン
むくみとミネラル・アルブミン
むくみと腎臓
むくみと肝臓
むくみの原因
危険なむくみのサイン
病気が原因のむくみ
薬が原因のむくみ


サイトコンセプト
利用上の注意
運営者情報&メール
■現在地■
下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道>むくみの知識>薬が原因のむくみ
Copyright(c)  下剤ダイエットの真実と下剤乱用脱出への道  All rights reserved.